伸也の車椅子目線からのつぶやき~アパート探し編

 

最初にアパートを探そうと思ったきっかけをお伝えします。

今住んでいるマンション年数がたっており、

住めなくなってから探すのでは遅いのと私自身も慌ててしまうので、

まだ住めるうちにどのようなアパートであれば、

室内で電動車椅子を使っている私でも住めるのかを去年12月頃から探しはじめました。

 

探すにあたり自分どのような条件であれば住めるのか6つ書き出してみました。

その中の3つを紹介します

1室内で電動車椅子使用

外・中けんよう

(アパートの入り口から玄関までのバリアフリー)全ドア幅80センチ

 

2

ドアの開閉が一人ではできないためボタン開閉装置の取り付けが必要

 

3

浴室の段差フラットを希望(手すりが必要)

浴室出入口幅65センチは必要(シャワーキャリー使用の為)

3番浴室に関して見つからない場合は条件除外も可

 

4

トイレ(手すりが必要)

 

その他には、自分の使っている車椅子のサイズを知っておくと良いと思います

 

 

まだまだ伝えたいことはありますが、

1度では伝えきれないので何回かに分けて、伝えていければと思います。

 

伸也の車椅子目線からのつぶやき~めだか飼育編

今回は、めだかの飼育の様子をお伝えします。

 

最近は、めだかの数が減り7匹になりました。

友達からもらった時は、11匹いました。

4匹は死んでしまったので割り箸で取り出しました。。

残りの7匹はまだ元気なので、

引き続き様子を見ていきたいと思います。

 

最近はあることに気がつきました。

それは乾燥がひどいせいかえさが固まり、

なかなか出てこないことが多いため、

傾けすぎて1回の量が多くなってしまうことが度々あるので、

気を付けたい思います。

 

めだかもあともって半年だと思います。

これは友達から聞いた話ですが、

飼い始めて2年が寿命みたいです。

その後1度は熱帯魚を飼おうと考えましたが、

初期費用が3万円と高いのと、

何かを育てるというのが得意ではないので諦めました。

 

 

伸也の車椅子目線からのつぶやき~最近の出来事編

 

土曜日に荒川沖・土浦方面へ移動したときの様子をお伝えします。

まずは自宅近くのバス停から荒川沖駅へ移動しました。

何事もなく到着し、荒川沖駅近くで列車撮影をしました。

撮影が終わり駅西口の多目的トイレを使いました。

このトイレは以前にも使ったことがあり、

便座への移乗の時にトイレットペーパーホルダーに頭をぶつけないように、

気を付けながら移動しましたが、軽く頭をぶつけてしまいました。

私も介助者さんもまさかぶつけるとは思いもしませんでした。

特にケガはしなかったのでよかったです。

昨日土浦市状況を伝えたら場所を確認し改善してくれるとのことでした。

 

次は帰りのバス利用の様子をお伝えします。

関東鉄道バスの利用が増えた私ですが、

経験したことのない事態に遭遇しました。

それは、乗っていたら急に車椅子が前後に激しく揺れたことです

でも出発前に車椅子の固定がきちんとされていたので安心しました。

その原因は急加速・急ブレーキでした。

その様子は帰宅してすぐ営業所へ連絡しました。

いろいろあった外出となりました。

 

伸也の車椅子目線からのつぶやき~移動支援サービスについて

 

移動支援とは、外出支援が主になります。

家族の予定と関係なく外出することができます

移動時間は月30時間だったと思います

特に移動のエリアの制限はないですが事業所より対応は異なります。

自分の出かけたい時に行きたい場所へ出かけることができます

その他には友達と計画を立てていくことができます。

 

ですがひとつだけできないことがあります。

それは友達の介助です。

なぜできないか言うと制度上問題になるからです。

友達が介助者さんを頼んで移動することは可能です。

伸也の車椅子目線からのつぶやき~寝具編

 

今回は、電動ベッドについてお伝えします

まずは購入した経緯を2つあります

まず1つ目、以前使っていたベッドが小学校5年生から使っているので、

買い替えの時期がきたからです。

2つ目は 、腰痛がひどくなり夜中に2度起きてしまい、

朝まで熟睡できなくなったからです。
その後、電動ベッドはどんなものでいくらするのかなどを、

インターネットで調べてみました。

それでも分からないだらけだったので、高校の同級生に話を聞いて、

主に二つ種類があることがわかりました。それは2モーターか3モーターかの違いです

2モーターは背上げ(頭の部分があがる)、足上げ(足の部分だけ上がる

3モーターは背上げ、高さの調整ができる、足上げの三つの機能だそうです

 

実際にニトリと山新で動作や操作のしやすさを見てきました。

2種類でかなり値段が違うみたいです。

2モーターは10万円前後で3モーターは20万円前後みたいです。

 

話を聞いて最終的に2モーターのライズ2というものにして10万円前後だったと思います

昨日から使い始めまた使った様子を伝えられる良いと思います

伸也の車椅子目線からのつぶやき~つくば駅周辺のバリアフリーについて

今回はつくば駅周辺バリアフリーについてお伝えします。

つくば駅周辺は、スーパーやコンビニや銀行やホテルや図書館などが徒歩圏内ある為日常で必要な用事はほとんど済んでしまいます

それらすべての場所は歩道または歩道橋で繋がっているので 車椅子でもスムーズ移動ができるのでとても住みやすい場所です。

 

ですが1つだけ残念ことがあります。

車椅子トイレある建物は11カ所あります。

でも、私が使いやすいトイレは1カ所しかありません。

使えない理由は、三つあります。

1つ目は、荷物を置ける場所がない

二つ目はベットはあるが出し入れが難しく、手を挟んだ経験がある

三つ目はドアの開閉が手動で鍵をかけることができない

その中でも、唯一使えるトイレはつくば駅のトイレです

その理由として着替え等に使えるベットで、

かつベットの出し入れがしやすいことと、

ドアの開閉が大きいボタン式だからです。

このような使いやすいトイレが増えてくれると良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荷物置き場として使っています。

伸也の車椅子目線からのつぶやき~さおりおり編

今回は車椅子でもできるさおりおりの方法ついてお伝えします

さおりおりにたどり着いたきっかけは、家族へのプレゼントをかんがえていて、

最初の計画では旅行や食事に行く予定でしたが、

この状況の中計画実行するのは難しいと、

残念ながら判断をせざる得ませんでした。

でも何か形で残したいと思いました。

どんな方法があるか探しているときに、

ストールをおってみることにしました。

 

さくら学園には一般的なさおりおり機しかなく、

車椅子で機械に近づくことができませんでした。

なぜかというと、さおりおり機の足を外すことができませんでした。

そのため前輪とフレームの間にさおりおり機の足を入れて、

どうにか手が届くようになりました

また糸をとおしたら交互におっていく必要ありますが

それらの操作は足で行う必要があります。

ですが足での操作は難しいので、

それらの操作を手で行えるように、

バンドやひも、おもりなどをつけて改良してもらいました。

その他にも、糸を刺すシャトルの置き場所にも困りました。

隣に椅子とケースを置いてもらい置き場所を作ってもらいました。

 

様々な工夫をしてさおりおりの体験ができとても楽しかったです。

家族には喜んでもらえると良いと思います

伸也の車椅子目線からのつぶやき~つくばタクシー編

今回は9月末にタクシーを利用した様子をお伝えします

タクシーを利用した理由は3つあります。

まず1つ目は、私の使っているパソコンが調子が悪くなったため、

研究学園にあるパソコン店に行きました。荷物が重かったことです。

2つ目はつくば市内で車椅子ユーザーが使えるタクシー券があります。

その券を使うと初乗り運賃の割引を受けることができます。

3つ目は車椅子で当日かつ最寄駅から利用が可能なのか

タクシーの現状を知りたかったからです。

車椅子対応のタクシーが見つかるまで3時間ほどかかりました。

なぜかというと、車椅子対応の車両がないか、

もしくは、スロープの取り扱い方法がわかる運転手さんがいない、

または以前はいたが辞めてしまったなど理由は様々です。

最終的には10件以上電話かけてやっと見つかりました。

でも見つかって良かったです。

券に書かれていた福祉タクシーアドニスさんを利用しました。

アドニスさんのタクシーは、トランクを開け後部のスロープを出すタイプの車両です。

乗車したのはつくば駅から利用しました。

これは知り合いから聞いた話なのですが、

駅のタクシー乗り場は、届け出をしたタクシー会社でかつその車両でないと、

タクシー乗り場に入れないそうです。

私が利用したアドニスさんは登録している会社ではなかったため、

隣にある20分無料の駐車場の車椅子専用スペースで乗車しました。

今回経験してみて、たとえ車椅子対応の車両空いていても、

場所より使えたり使えなかったりがあるので、

徐々によくなってきていますが、まだ課題が残っていると感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

3つ目は車椅子で当日かつ最寄駅から利用が可能なのかタクシーの現状を知りたかったからです

 

 

 

車椅子対応タクシー見つかるまで約3時間ほどかかりました。

伸也の車椅子目線からのつぶやき~カフェ編

今回はつくば駅の近くにあるカフェファクトリースタートアップカフェに行きました。

カフェのことは介助者さんから聞き自宅から近いということもあり行ってみることにしました。

 

入り口にスロープが付いており車椅子で入ることができます。

店内は広く車椅子でもスムーズに移動することができます。

そのお店にはテラス席もありました。

店内でもテラス席どちらでも車椅子で行くことができます。

 

その日は天気が良くテラス席でコーヒーを飲みました。

他にもシフォンケーキがありました。

ですが私はくるみのアレルギーがあり、

全ての商品の原材料にくるみが入っていたため残念ながら食べることができませんでした。

 

伸也の車椅子目線からのつぶやき~ランプシェード作製記

 

今回は手作りで部屋の雰囲気を変えられる方法をお伝えします。

まず作ろうと思ったきっかけは二つあります。

まず1つ目は何か形の残るものを作りたい

二つ目は、いつも部屋の雰囲気を少しでも変えたいということです。

そこでランプシェードを手作りしてみることにしました。

ランプシェードの作り方は様々あるようで材料費が3000円から5000円まであるようです。

私は何個かいろいろなバリエーションで作ってみたかったので、

100円ショップの材料で作れる方法を選びました。

作り方はURL参考にしてみて下さい。

【100均DIY】秋の夜を照らす!麻ひもを使ったランプシェードの作り方 | CHINTAI情報局

私も作っていく上で途中の工程でミスをしました。

それは、ステップ3のひもをビニールボールに巻き付けて、

ボール取り出し形をつくるのですが、ボールの取り出しが小さく取り出すので大変でした。使うボールより少し大きく作った方が良いと思います。

 

最後になりますが、私は1日の製作を50分と決めて3日ほどかけ作りました。

かなりのストレス解消と暇つぶしなりました。

良かったら作ってみてください。