Skip to content
DSC00655

(HDDの破壊作業の後に、社長さんと一緒にパチリ!)

 

12/25、ソフトウェア企業の(株)Bee Beans Technologies様へ、

マイスターさんと職員4人でパソコンからのHDD(記憶装置)の抜き出し破壊作業と

PCやディスプレイ等の引き取りに伺いました。

約60個のHDDやSSDをPCから抜き出し、物理的破壊を加え、

情報漏洩対策をバッチリ行いました。

HDD等解体後、社長さんに確認していただき回収しました。

(真剣な表情で作業に集中しています。安全のため、作業手袋と安全メガネは必須です)

施設に戻ってから、全解体に入り20~30種類に分別します。

解体販売の利益は障がいを持った利用者さんの自立支援に100%役立てます。

(破壊作業の終えたHDDやSSDです)

(株)Bee Beans Technologies

企業情報 | Bee Beans Technologies Co., Ltd. (bbtech.co.jp)

 

 

【他に無い究極の情報漏洩対策】

※つくば市内の個人・法人のかたへ

10台以上のPCで「ご希望あれば」

「出張解体回収」で、机をお借りできれば、HDDのみを抜き取ります。

HDDへ傷をつけて、目の前でご担当者に確認していただいた後に、

引き取りますので、情報漏洩対策は確実です。

 

【情報漏洩が心配でいきなり、多台数のPCの寄付をためらう法人ご担当者様へ】

※いずれかの方法を提案します。

①HDD等を貴法人で外してから、さくら学園へ寄付する。

②テスト作業:試しに差し支えないPC1、2台を「出張作業(HDD 抜き取り&物理的

 破壊)1台5~15分」で貴法人のスペースでやらせてみて漏洩対策を確認する。

これ以上の漏洩対策は無いと自負しております。ぜひお試しください。

 

【記憶装置解体例】

引き続き、用済み・不要なパソコン等の寄付を募っています。

あなたのいらないパソコンが「障がい者の工賃アップと自立」につながります。

壊れていてもOKです。

恐縮ですが、プリンターや故障した液晶モニターは不可となります。

 

当法人が加盟している「日本基板ネットワーク」のHPはこちらまで

トップページ | パソコン回収なら日本基板ネットワーク (jpcb-net.com)

(MT)

下のバナーを押してさくら学園を応援しよう

その他の記事