Skip to content
伸也の車椅子目線からのつぶやき~足湯編

 

今回は、足湯についてお伝えします。

私は以前から冷え性ですぐ両足がこの時期は時に冷えて辛いです。

足湯と皆さんが聞くと温泉街や、

駅前にあるイメージがあると思いますが、

車椅子だとそれはなかなか難しいです。

その理由は、二つあります

まず1つ目は、車椅子から降りて足湯の石段に座れないことです。

2つ目は、例え石段へ介助してもらい座れたとしても、

座位を保つことができず、

とても不安定でバランスを崩す危険性があるからです。

 

ここからは私がしている足湯の方法を紹介します。

足湯バケツに足首の上ぐらいまでお湯を張り、

車椅子の足台を折りたたんで、

そしてできた空間にバケツを差し込みます。

お湯はすぐに冷めてしまうので、

電気ポットでお湯を沸かして、たし湯をしながら使っています。

 

最後になりますが、足湯バケツはアマゾンで500円から3000円の間で、

色々あるみたいです

下のバナーを押してさくら学園を応援しよう

その他の記事