Skip to content
伸也の車椅子目線からのつぶやき~勝浦駅下車編

 

2012年6月に房総半島を1日かけて列車で回りました。

その中で一番衝撃だった駅が勝浦駅です。

なぜ衝撃だったかというとスロープによる移動のみだったからです

私が下車するため本来停車するホームではなく、

スロープ設備のあるホームへ到着番線を変更していただき下車しました。

駅員さんも車椅子をみてかなりおどろかれた様子でした。

スロープのあるホームに次に列車がくるのが2時間後と教えていただきました。

その間に昼食を取り時間をつぶして、次の目的地へ向かいました。

 

その頃の私は、まだ駅のバリアフリー情報の調べ方を知りませんでした。

この場所へ行きたいということしか考えていませんでした。

とても楽しかったですが、合わせてバリアフリー情報も調べて、

旅の計画を立てることの大切さ気づく良い旅となりました。

最後になりますが、グーグルマップで調べたら駅周辺は海が綺麗なので

アクセス方法を調べた上でもう一度いければ良いと思います。

その他の記事