伸也の車椅子目線からのつぶやき~名古屋障碍者パレード参加・入店拒否編

 

今回は2018年に名古屋城天守閣エレベーター設置の

障害者パレードへ参加するため数名で名古屋に行きました。

パレードが行われた経緯としては、

名古屋城の改修工事をするのに今の状態を保つため改修はするものの

エレベーターをつけないという結論へ至ったそうです。

そのことを疑問に思った車椅子ユーザーが声をあげてパレードが行われました。

 

話は変わりますが、パレードが終了し名古屋駅の駅ビルで夕飯を食べました。

車椅子の台数が多かったため2店舗に分かれて夕食を食べました。

 

私たちは、フロアガイドで見つけた店に入ろうとしたら、

いきなり「車椅子なんだから入らないでくれ」と言われました。

 

その後店内を見ましたが、ガラガラでした。

そこでなぜだめなのか聞いたところ、椅子をどけるのに時間がかかると言われました。

周りには[入店をあきらめるか」という空気が流れました。

でも私の中ではあきらめたくありませんでした。

 

その理由は、2つあります。

1つ目は、新幹線の時間が迫っていることと、

2つ目はみそカツが食べたかったからです。

少し強引か思いましたが入店しました。

食事はとても美味しかったです。

最後にはお店の人に先ほどは済まないと言われました。

 

最後になりますが、車椅子であることを理由に入店拒否されたことは嫌ですが、

さらに人への説明する力がついたと思うので、とても良い経験になりました。