伸也の車椅子目線からのつぶやき~ユニバーサルデザインタクシー編

 

今回は、ユニバーサルデザインタクシーについてお伝えします。

ユニバーサルデザインタクシーとは、車椅子でも乗れるスロープを積んだタクシーのことをいいます。

タクシーのタイプ2種類あり、後部からスロープで乗車するタイプと座席をたたんで乗車するタイプです。

タクシーの予約は、日時と場所を伝えたあとユニバーサルデザインタクシーの配車お願いしたいと伝えてください。

 

タクシーの乗車方法です

座席をたたんで乗車するタイプは、通常タクシーの助手席と後部座席たたんで車椅子乗車スペースを作ります。

そして、乗車口に折りたたみスロープを2枚つなぎ設置します。

次に車椅子の固定についてです。

固定は左右4本ずつと後輪2カ所の合計6カ所固定します。

到着してから固定を完了し出発まで約10分ほどです。

 

最後に利用した時のアクシデントについて2つ紹介します。

 

1つ目は、予定変わりタクシー会社へキャンセルの連絡をしました。

ですが運転手さんにキャンセルが伝わっていませんでした。

 

2つ目は、急にタクシーが必要となり予約し、車椅子であることを伝えましたが、

車椅子ごと乗れるタクシーではありませんでした。運転手さんも驚いました。

行き先が病院だったため。車椅子は自宅へおいて病院で借りました。

 

次回は、後部からスロープで乗車するタイプを紹介します。